リハビリスタッフの紹介

03-5547-4912

リハビリスタッフの紹介Rehabilitation

理学療法士のメッセージ

理学療法士:荒田 雄人 Yuto Arata

一人ひとりにあわせたリハビリテーションを提供します。

地域包括ケア病棟のリハビリの目的は、リハビリを継続することによって、安心して在宅復帰や施設入所ができるようになることです。当初から「帰る」という目標があることが最大の特徴であり、また、「60日以内」の入院に限るという点も特徴的です。目標の日までに退院するために、様々な形で患者さんに関わっていきます。リハビリ室でのリハビリ提供はもちろんのこと、病院での生活全体がリハビリとなるよう、様々な活動も行っていきます。
また、医師・看護師・ソーシャルワーカーなどと定期的な退院支援カンファレンスを開催し、チーム一丸となって患者さんをサポートいたします。安心して当院でリハビリを受けていただけるよう、チーム一同最大限の努力をして参ります。

リハビリスタッフの紹介

  • 嶋根 健人 作業療法士

    作業療法士は活動と参加の専門家です。そのひとがしたいこと、しなければならないこと、周りから期待されていることができるように、安心してその人らしく暮らせるように支援していきます。具体的には動作獲得にむけた機能訓練、実際の活動・動作の練習、身体に合った福祉用具・車椅子の選定、環境調整などをおこないます。

  • 遠藤 夏菜美 言語聴覚士

    言語聴覚療法では、原疾患に伴い嚥下障害やコミュニケーション障害、高次脳機能障害を合併した患者さんに対してリハビリテーションをおこない、在宅復帰に向けた支援をおこないます。嚥下障害に対しては入院中の嚥下評価・訓練に加えて、在宅に向けて食形態や食事方法の助言・指導をおこないます。高次脳機能障害に対しては、注意機能・記憶障害などの検査や訓練を、コミュニケーション障害に対しては構音訓練、失語症訓練をおこない、在宅復帰に向けて必要な機能の維持・改善を目指します。

ソーシャルワーカーの紹介

ソーシャルワーカーからのメッセージ

聖カタリナ病院のソーシャルワーカーは、社会福祉の立場から地域の関係機関との連携を密に行い、患者さんやご家族が安心して
地域で暮らせるように支援いたします。入院の相談からご自宅への退院まで一貫してサポートいたしますので、お気軽に
お問い合わせください。



入院相談の例

•他院に入院中だが、転院をしてもう少しリハビリを行い、介護体制を整えてから自宅に帰りたい。
•自宅で介護をしているが、胃ろうや吸引などの医療行為があるために、介護保険施設のショートステイが利用できず、
  介護の負担が増えている。レスパイト(介護者の休息)を目的として利用したい。
•コロナ禍で外出機会が減り、ベッド上で過ごすことが多くなってしまった。集中的にリハビリを行いたい。



当院への入院のご相談について

①他の病院に入院で当院への転院を希望の方は、入院中の退院支援の担当者にご相談ください。

②自宅で暮らしており、当院への入院をご希望の方は、担当ケアマネジャーにご相談ください。

③誰に相談してよいか分からない場合は、お気軽に下記までお問合せください。

 

聖カタリナ病院 相談支援室

受付時間:平日8:30から17:00

TEL:03-5547-4912

FAX:03-6204-9425

聖路加国際病院との医療連携について